地球温暖化防止及び船橋市地球温暖化対策地域協議会について市民に広くPRするために、市民に親しみやすいマスコットキャラクター等を一般公募により決定し、使用しています。

マスコットキャラクター「ふなわりくん」

ふなわりくんのプロフィール

船橋のシンボルマークから生まれた妖精。
お腹のひまわりから地球の熱を吸い込み、体を覆う水のベールで火照った体を冷やしている。
船橋に住んでいる人、船橋を訪れる人・・・
みんなにとって居心地の良い場所を作ろうと、日々努力を続けるエコなやつ。

特徴:気が付くといつもおひさまの方角を向いている
好きなこと:お散歩、日光浴
苦手なこと:うつ伏せ

 

背中にカザグルマをつければ、空も飛べる!

ロゴマーク

誰の手にも地球を守る力、そして、地球を元気にする力があることを表わしており、地球を人の手で優しく包んでいるデザインになってます。

キャッチコピー

ふなばしの力で“減らせCO2”!!

船橋市民が一丸となってCO2を減らして、日本そして世界に広げていこうという思いが込められています。

協議会愛称「ふなエコ」

 

「船橋市」の「ふな」と協議会のイメージキャラクターである「ふなわりくん」の「ふな」をあわせて頭に付けました。
「エコ」という言葉は、「環境に優しい」、「地球に優しい」という内容を連想させるため、協議会が船橋市、市民及び事業者に対して、環境に優しい取り組みを広げていけるようにとの思いを込めました。
また、分かり易く覚えやすいように4文字とし、船橋らしさをイメージして配色しました。 

南部の海

三番瀬をイメージした青色

人々の心

愛・優しさをイメージした赤紫色

発達した商工業

豊かさ・成熟をイメージしたえんじ色

北部の自然

自然・里山をイメージした緑色